>TOP > ブログ

05月
16
2017

ゴムバルブは大丈夫ですか?

カテゴリー:つぶやき


5月も半ば、気温の上昇とともにタイヤには負担のかかる季節

となってまいりました。

今日は、意外に見落としがちな「ゴムバルブ」について少し触

れてみたいと思います。

goo

「ゴムバルブ」これは、タイヤに空気を入れる際、充填口にあ

たる部分でホイールの端っこに取り付けられている部品になり

ます。その名の通りゴム製なのでタイヤと同様、硬化しヒビが

入りやすく最終的にはそこからエア漏れをおこしてしまう危険

性があります。

gom

gop

そんなある意味タイヤ以上に気にしなければならない部品でもあ

りますが、当店ではタイヤ交換の際、基本的に二回に一回は取替

え交換を勧めております。

普段はさほど気にすることのない部品だけに、タイヤ交換の際は

少しだけ気にしていただければと思います。

 

 

 

 

04月
07
2017

開発中のようです。

カテゴリー:つぶやき


ハイブリット車が静かすぎて、視覚障害者や歩行者が危険。

この問題に対し、国交省が昨年の10月に発表した、

「走行音の静かなハイブリット車に音を出す装置の義務づけ」

1、新車には平成30年3月から実施

2、すでに販売されている車には平成32年10月から実施

 

あのニュースから半年がたち、先日この装置を開発されているとい

う方が当店にお客様としてご来店になりました。その際、様々な相

談を受けたり、逆にこちらから質問を投げかけたりと色々とお話を

させてもらいました。

この方が開発しているのは既に販売されている車に、どのような装

置をどこに取り付けるかという、上記2、の開発が主なお仕事のでよ

うで、現在一案として有力候補に挙がっているのがホイールのセンタ

ーキャップの裏側に貼り付けるタイプの装置だそうです。

この案は、既に国交省にも申請済みで、ほぼほぼこれで決まるよう

なお話もありました。確かにホイールはどんな車にも装着されてい

るもので、そういう意味ではモレなくすべての車に装着できる。

でもホイールの付近では耐久性「耐水・耐熱」は大丈夫なのか?

そして最大の課題は次のタイヤ交換の際、センターキャップを取り

外す時の衝撃に耐えれるのか?といった課題であります。

かなりマニアックな話になりますが、これは壊さず再利用する上で

とても重要な点になってきます。どんな車にも簡単に装着できる点

では素晴らしいアイデアだとは思いますが、実際、実用の面でこれ

らの対策が行われなければ、すぐに壊れたり、タイヤ交換の度に新

しい物に買い替えなければならない。など、購入者の負担増へと繋

がりかねません。

いずれにしても、施行までまだまだ時間がありますので、これから

どんなすぐれたものが登場するか楽しみですし、我々、取り扱う側が

簡単に扱えるものにしていただきたいという思いもあります。