>TOP > ブログ

04月
26
2013

ストッピングパワー!!

カテゴリー:トヨタ , ホンダ , ランボルギーニ , 日本車と輸入車のタイヤ交換


本日も沢山のご来店有難うございました!!

今回ご紹介するのは、ストッピングパワーへの”コダワリ”ということで、お客様ご自慢の

ブレーキを紹介させていただきます。

 

まず最初は、K様のランボルギーニ ガヤルド

Front 235/35R19 Rear305/30R19の交換でご来店いただきました。

このお車は、5.2L V10のエンジンを搭載したモンスターマシンでございまして、

強大なパワーをいかに路面に伝えるかという事で4WDが採用されています。

↑↑ フロントブレーキ

↑↑ リアブレーキ

もちろんブレーキシステムも伊達ではなく、フロント・リアともにブレンボ製6ポット

キャリパー&カーボンディスク(メーカーオプション)になっており、車重からすると

こんなデッカィの必要!? というぐらいの物が装着されていました。

K様曰く、めっちゃ利くで~と絶賛されていました!!

本国イタリアやイギリスでは警察車両になっていることも有名な話です。

今回は珍しいお車を拝見させていただきました! またのご来店をお待ちしております!

 

 

続きまして、S様 ヴォクシー

S様は加古川市より遠路遥々お越しくださいました!!

今回のご依頼は215/35R19 4本の交換でございますが、なんといっても

フロントには19インチじゃないと到底収まりきらないイデアル製356mmビッグ

キャリパーキットが組まれております。

制動力としては、Aピラーからくの字に折れんばかりのストッピングパワーだと、

表現をされていました。

若干ホイールとの干渉があるため5mmスペーサーを噛ませてありましたが、

ナットの締まりに不安がありましたので、2mmのスペーサーに交換させてい

ただきました。

 

他にも電気系・エアロなどいろいろとカスタムされておられ、完成度抜群のお車です。

S様、今回は本当に遠いところお越しくださいまして、有難うございました!!

またのお越しをお待ちしております。

 

 

最後のご紹介は、S様 S2000

先日に引き続いてS2000のご紹介です。

こちらのお車もかなりスパルタンで、特筆すべきはやはりブレーキシステム

ではないかと思います。

プロジェクトμの356mm 6ポットキットで18インチのENKEIホイールに一杯一杯

の状態で収まっていました!

現状でもかなり弄っておられるお車ですが、今後もいろいろとチューニングを重ねて

いかれるようで、リアのオーバーフェンダー化、ピストンなどのエンジンチューニング

や新品ホイールを予定されています。

S2000はパーツも豊富で弄れば弄るほど速くなるので本当にいい車ですよね。。

実は今回リアタイヤは交換しておらず、オーバーフェンダー後に再度ご来店

いただく形になっております。

近々のご来店お待ちしております!!

 

 

04月
02
2013

こんなんもやってます。その2

カテゴリー:ジャガー , スバル , トヨタ , ホイールリペア , 日本車と輸入車のタイヤ交換


皆様には26日~30日の間、大変ご迷惑をお掛けしました。

店舗の2階部分もリフレッシュしましたが、私自身もこの5日間で完全充電させていただきました~

31日からは通常営業しておりますので、皆様どうぞご来店お待ちしております!!

 

さて今日は、先日からエア漏れでお預かりしているホイール修理が完成しましたのでアップ

させていただきます。

写真の通り、先日腐食し凸凹していた部分が綺麗になりましたね。

早速タイヤを組込みエア漏れのチェックを行ないましが、もちろんエア漏れの箇所も無く、

通常使用出来る状態となりました。

当店では、このようなエア漏れの修繕に限らず、ガリ傷などのホイールリペア等も行っております

のでどんどんご相談くださいね♪♪

 

今日最初にご紹介させていただくのは、K様のアルファード

以前お越しいただいたお客様のご紹介で、遠路はるばる大阪府 南部からご来店いただきました。

今回は、純正装着タイヤからダンロップ エナセーブRV503への交換です。

K様のように、どなたかのご紹介でお越しいただくケースが非常に増えてきておりまして、

本当に感謝しております!

K様遠いところ、ご来店有難うございました。またのお越しをお待ちしております。

 

続きまして、N様 ジャガー XFR

20インチ、4本の交換でお越しくださいました!!

このお車は、インド タタ自動車が親会社になった後のモデルとして、V8 5L スーパーチャー

ジャーを心臓に持つモンスターマシーン。

K様曰く、ラフにアクセルを開けると挙動がすぐに乱れるそうで、トルクが尋常じゃないそうです。

今回は、ミシュランパイロットスーパースポーツへのチェンジでグリップと乗り心地の両立が狙い

との事でした。

今回、ご来店有難うございました!!

 

最後は、N様 レガシーワゴン

今回はローテーションとバランス取りのご依頼でお越しくださいましたが、K様のようにローテー

ションとバランス取りを同時にする方が意外に多いのです。

何故なら、距離を乗られてのローテーションの場合、片減りなどが原因で結構アンバランスになっ

しまうケースが多く、この際ローテーションのついでにやってしまおうという心理が働くのだと思い

ます。

敢えてお奨めしておりませんが、私もこれはいいことだと思っています。

 

K様、次回はタイヤ交換で是非お越しください! お待ちしております!