>TOP > ブログ

05月
17
2013

廃タイヤの行方…

カテゴリー:メルセデス , 輸入車のタイヤ交換ブログ


本日も沢山のご来店有難うございます。

 

さて今回は”廃タイヤの行方”ということで少し触れさせていただきます。。。

お客様から「タイヤの処分はどうするの??」

こんなご質問をよくいただくのですが・・・・

当店では、タイヤの処分は産廃業社さんに産廃処理として依頼しています。

沢山たまりました~

このようにたまったタイヤを業者さんが週二回、引取りに来られます。↑↑↑

 

そして、工場に持ち帰り、大きな破砕機で細かく砕きます。↑↑↑

細かく砕かれたのがこれ、、↑↑↑

 

後は生コンを製造する業者に送られ、生コンを製造する際、その過程で燃料として

使用されるようです。

もちろん当店と産廃業者さんとの間では、どのような産廃になったかを証明

する「産業廃棄物管理票」いわゆるマニフェストの授受が行われます。

 

ということで、このような流れを経て廃タイヤ処分をしていますので、

皆さんご安心くださいね(笑)

 

今日ご紹介するのは、S様 メルセデス E350SW ブルーテック

今回は、245/45R17 ランフラットタイヤ4本のご注文をいただき、

BS S001を装着させていただきました!!

このタイヤは、ランフラットでありながら物凄く乗り心地のいい第3世代と呼ばれる

タイヤだそうです。

よく見ると、何やらサイドウォールにフィンのような物がついていますが、

調べてみると、どうやらこれはタイヤの発熱を抑える役割があるようです。

本来スペアタイヤが入るところにタンクのようなものがあるため、ランフラット仕様

なのだそうです。

 

タイヤはS001ご指定でしたが、欠品のため2週間ほどお待たせしてゴメンナサイ。

今回はご用命いただき有難うございました。またのご来店お待ちしております!!

 

 

05月
12
2013

いざ人間ドックへ!!

カテゴリー:日常のこと


最近、携帯の画面を見るとき、ちょっと離さないと見えないんですよねぇ・・・汗っ の画像

これは完全に老眼ですね汗 の画像

いつまでも若くないんだな・・・と感じると共に

そろそろ自分の身体の健康面も心配になってきたので

今度、人間ドックを受けることにしました。

以前にも受けたことはあるのですが、結構前のことなので。

やはり、何でも早期発見に限りますからね。

脳ドックも受けてみたかったのですが

今回はとりあえず、基本的なコースです。

そして、人生初の内視鏡検査を受けます。

経口カメラ(口からカメラを入れる)か、経鼻カメラ(鼻からカメラを入れる)か

選んで予約をしておかなくてはなりません。

経鼻カメラの方が経口カメラよりも細くて

「オエッッ」という嘔吐反応が比較的少なく楽だと聞いたので

これは経鼻カメラの方がいいのかな?と思い、お願いしました。

が、結局一日あたりの人数制限があって、私の希望日には受けることが出来ないようです・・・。

あとで調べてみたのですが、経口カメラは少し太いですが

その分ライトも明るく画像がきれいで、病変部分を鮮明に見ることができたり

検査と同時にポリープ除去などの処置ができたりするメリットがあるそうです。

なので、口からのカメラでもまあいいかな?と思いました。

 

質問表に記入したり、検便や検尿もしていかなくてはなりませんし

事前の準備がちょっと面倒ではありますが

当日は、朝早くから始まってお昼には終わるようなので

気合いを入れて行ってきたいと思いますびっくりマーク の画像